金子耕弐からのご挨拶

ボイスメッセージVol 1 金子耕弐ボイスメッセージ

・ファミリートークホームページが新しくなりました!

ファミリートークラジオ放送 8月6日~8月10日分 を期間限定で再放送しています

ファミリートークラジオ放送 8月6日~8月10日分 を期間限定で再放送しています
ラジオ放送を聞き逃がしてしまった方も、もう一度聞きたい方もどうぞ

ラジオ再放送

 

2018年08月6日〜08月10日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年8月6日放送分

「劣等感をバネにする」


2018年8月7日放送分

「パパの小さい頃の話」


2018年8月8日放送分

「小さい頃の話をする」


2018年8月9日放送分

「教育とeducation」


2018年8月10日放送分

「中途半端な思春期」

2018年07月30日〜08月03日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年7月30日放送分

「自立へと導く親の責任」


2018年7月31日放送分

「少しでもより良い親になること」


2018年8月1日放送分

「上の子にも等しく愛を伝える」


2018年8月2日放送分

「最初の5分間」


2018年8月3日放送分

「夫婦のミスコミュニケーション」

2018年07月23日〜07月27日放送 ファミリートーク再放送
2018年7月23日放送分

「しりとり」


2018年7月24日放送分

「胎児の受動喫煙」


2018年7月25日放送分

「乳児に対する母親の関わりが・・・」


2018年7月26日放送分

「子供の叱り方」


2018年7月27日放送分

「過保護な愛とは」

2018年07月16日〜07月20日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年7月16日放送分

「松本千津夫について思うこと」


2018年7月17日放送分

「ほんの些細なことで幸せを感じる」


2018年7月18日放送分

「お孫さんにとっての大切な存在」


2018年7月19日放送分

「知恵の宝庫として耳を傾ける」


2018年7月20日放送分

「男の子の自立」

稚内で7年ぶりに講演会を開きました!

7月16日、祝日(海の日)の月曜日に、稚内総合文化センターでリスナー向けの講演会を行ないました。北海道は6月の後半からまるで本州の梅雨のような鬱陶しい毎日がずっと続いて気分が滅入っていましたが、この日ついに待望の夏がやってきました!

北海道での活動は、千歳のアパートをベースキャンプにしておりますが、この朝は5時起きして6時には車に乗り込み、稚内まで350キロ(約5時間の)の行程を走り出しました。

日本最北の地である稚内へは、左手に日本海を眺めながら美しい海岸線(オロロン街道)を北上して行きましたが、目的地に近づくにつれて利尻島が次第に大きく見えて来ました。利尻島といえば、最近ニュースで全国的に有名になりましたが、道外の方のために念のためにご紹介しますと、106年ぶりにヒグマが海を泳いで渡って行ったことで大騒ぎになっている島です。

さて講演会ですが、この日はなんと市内の夏祭りのイベントと重なっていたために、残念ながら参加者が非常に少ない状態となってしまいました。ただし、参加してくださった方々は最後まで本当に熱心に耳を傾けてくださいまして、私は皆さんと一緒にとても有意義な時間を共有させていただきました。講演会が終了してからすぐにまた千歳を目指して帰りの道のりを走り出し、到着したのは夜10時近くになりましたが、こんなハードスケジュールにしてはあまり疲れを感じることがありませんでした。・・・というわけで、参加者の皆さんにここで再度お礼を申し上げます。また、お会いできる日を楽しみにしております。

IMG_0607

IMG_0609

IMG_0605

IMG_0612

2018年07月09日〜07月13日放送 ファミリートーク再放送
2018年7月9日放送分

「恋愛ホルモンは3年_」


2018年7月10日放送分

「文句ばかり言う妻にすべきこと」


2018年7月11日放送分

「夫に変わって欲しければ・・・」


2018年7月12日放送分

「星空を眺めよう」


2018年7月13日放送分

「キャンプに行こう」

久々の晴天です!!!

長々とブログを書くことをサボっておりました。申し訳ありません!

さて、今日は7月11日(水)、北海道千歳市のアパートでパソコンに向かっています。本当に久々に青空が広がり眩しい太陽が輝いています。

今回は7月20日までの予定で、北海道内でいくつかの講演会を行なってから東京都町田市の自宅に戻りますが、それにしてもこのところの日本の気象状況は深刻ですね! こちら北海道も例外ではありません。この季節の北海道は、本州の梅雨明けの後で、北上する梅雨前線が一時的にとどまって、いわゆる蝦夷梅雨をもたらすこともありますが、それでも今年は異常です! もう2週間も雨続きで、しかも極端に気温が低い日が多いんです。これでは農作物が正常に育ちません!  今日は、最高気温が千歳で26度まで上がり、やっと夏らしくなりましたが、少し前までは最低気温が8〜9度という日もあったりして、なんと7月なのにストーブをつけるという日がありました。夏にストーブをつけることには、なんだか罪悪感を感じたりもするんですが、自分だけでなく道内の人たちはみんなそうしていると聞いて安心したり驚いたり、、、、、。とにかく今日のような天気がこれからずっと続いて欲しいと願いますが、残念ながら週間予報を見ると、まだまだ雨マークの日が多いんです。もともと北海道の夏はお盆を過ぎたらもうおしまいという感じですから、このままだと夏がなくなってしまいます!

ところで、前回(6月に)千歳に滞在した時に、アパートの庭先に小さな花壇を作り、花とミニトマトを植えました。やはり長雨で光合成を行なえずにかわいそうな状態でしたが、今日は花もトマトも大喜びしています。見るとまだ緑色の小さな小さな実が付いていました。ちなみに、花は左からミニバラ、ラベンダー・センティヴィア(もう花は散りました)、カンパーニュラ、インパチェンス、サンヴィタリア、ミニバラです。千歳のアパートに一人で滞在していると、この花壇が本当に心を癒してくれるんです!!!

さて、16日にはなんと7年ぶりに稚内総合文化センターでリスナー向けの講演会を開きます。お近くの方は是非いらしてください!

IMG_0582

IMG_0584

2018年07月02日〜07月06日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年7月2日放送分

「白川郷の思い出」


2018年7月3日放送分

「親に対するリベンジ」


2018年7月4日放送分

「遺伝か環境か」


2018年7月5日放送分

「女性特有のうつ症状」


2018年7月6日放送分

「一杯のコーヒーが伝えたメッセッジ」

2018年06月25日〜06月29日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年6月25日放送分

「忙しいお父さんたちに」


2018年6月26日放送分

「一番楽しかったこと」


2018年6月27日放送分

「一番楽しかったこと」


2018年6月28日放送分

「厳しさの重要性は子どもに聞け」


2018年6月29日放送分

「厳しさの重要性は子どもに聞け」

2018年06月18日〜06月22日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年6月18日放送分

「やる気のない子供たち」


2018年6月19日放送分

「成績に関係なく」


2018年6月20日放送分

「子供は別の人格」


2018年6月21日放送分

「強力な意志ともろい自尊心」


2018年6月22日放送分

「世界で一つだけの花」

2018年06月11日〜06月15日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年6月11日放送分

「モンスターな親にならないで」


2018年6月12日放送分

「言葉遣いについて」


2018年6月13日放送分

「子供の言葉遣い」


2018年6月14日放送分

「親の言葉遣い」


2018年6月15日放送分

「心と言葉遣い」

2018年06月04日〜06月08日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年6月4日放送分

「子供部屋に鍵は有りか無しか?」


2018年6月5日放送分

「幼い子供には子供部屋を作らない」


2018年6月6日放送分

「子供部屋の鍵は親子の触れ合いを減少させる」


2018年6月7日放送分

「父の日の過ごし方」


2018年6月8日放送分

「新生児に必要なもの」

2018年05月28日〜06月01日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年5月28日放送分

「抑圧的な親の元で反抗できない子供は・・・」


2018年5月29日放送分

「甘やかすこと、甘えさせることを区別する」


2018年5月30日放送分

「胎教について」


2018年5月31日放送分

「好奇心を刺激する」


2018年6月1日放送分

「父の日における母親の役割」

2018年05月21日〜05月25日放送 ファミリートーク再放送

 

2018年5月21日放送分

「反抗期は必ず訪れるのか?」


2018年5月22日放送分

「反抗期と自立期を区別する」


2018年5月23日放送分

「思春期には人生の良きリーダーが必要」


2018年5月24日放送分

「子供が反抗的になってきたら・・・」


2018年5月25日放送分

「反抗期のない子が増加は悪いことか?」