うっとおしい季節

今日は6月21日(金)、季節はうっとおしい梅雨のど真ん中です。

雨は必要なのですが、私はこの季節の湿度の高さが大の苦手です。というのも私は多少喘息気味で、気温が高く湿気の多いこの季節は、目には見えないカビの胞子がいたるところで飛び交っておりまして、そのカビっぽい空気を吸い込むと咳が止まらなくなってしまうのです。

番組を収録しようとしても、講演会で話をしていても、趣味で歌を歌っていても、カビは容赦してくれません。私は精度の高い「カビ探知機」のようなもので、カビのレベルが高いところでは他の人が気づかなくてもすぐに検知できます。それが警戒レベルであれば、咳と鼻水による警報でお知らせしてくれるのです。冗談はさておき、これは私にとって大問題です。

先日は講演会のために沖縄に行きましたが、レンタカーに乗った途端、警報が流れました。実は、どんなに新しい車でもエアコンの内部には結露が生じますから、そこにはあっという間にカビが繁殖してしまい、エンジンをかけてエヤコンをオンにした途端に、室内にはカビの胞子が吹き出してくるわけです。また、ホテルに到着して車から部屋に移っても、問題はすぐに再発します。私が沖縄に到着したその日の湿度は大雨の直後であった為になんと96%でした。梅雨時の沖縄のホテルの部屋は、お客さんがいないときは締め切っているわけですからまるで温室状態で、ベッドやカーペットなどがまさにカビの温床となるわけです。部屋に入ったらいきなり人間カビ警報がまた鳴り出しました。しかも、エアコンを付ければ、さらに内部のカビの胞子が部屋中に充満するわけです。そんなわけで、この季節の訪沖は覚悟が必要です! それでも、やはり大好きな沖縄のリスナーの皆さんにどうしても会いたくて、今回も14日〜17日にかけて3泊4日で行ってまいりました😃

この度の沖縄出張では、まず土曜日の午前中に、いつもお世話になっているラジオ沖縄(ROKラジオ)の「Oyakoらじお/土曜日7:30〜10:45」というワイド番組に40分近くも生出演させていただきました。この番組は、私の大好きな番組ですが、名前のとおり親子で楽しめる素晴らしい番組です。出演者(パーソナリティー)のベンビーさん、美由紀さん、じゅぴのりさんの軽妙な掛け合いで進行し、番組中にリスナーのお子さんたちと電話でおしゃべりしたり、次々に寄せられてくるメールの反応を紹介したり、お笑い芸人であるベンビーさんによる心温まる絵本の読み聞かせのコーナーがあったり、はたまた3人が歌詞を見て即興でコントを展開する曲当てコーナーがあったりと実にバラエティーに富んでおりまして、3時間15分という長い時間がもあっという過ぎ去ってしまいます。沖縄に行く度に私はこの番組にお招きいただいておりまして、なんと今や「準レギュラー」の異名までいただいております。(笑) そんな、素敵な番組に出演して、今回も次々に寄せられてくる私宛の子育ての質問にひとつひとつお応えさせていただきました。もしも、radiko(ネットのラジオ番組配信アプリ)のエリアフリー版を契約されておられる方は、日本のどこでもラジオ沖縄の放送を聞くことができますので、次回の出演時にはホームページで告知いたしますから是非お聞きください。

Oyakoらじお (左から じゅぴのりさん 美由紀さん ベンビーさん)

Print

一方、リスナー向けの講演会は、那覇市首里の沖縄県総合福祉センターのゆいホールとうるま市の健康福祉センター・うるみんのホールの2カ所で講演会を開催しました。お集まりいただいた参加者の皆様にはここで改めてお礼申し上げます。また当日は時々咳をしてしまいましたが、それでも暖かく見守ってくださったことに心から感謝いたします。

うるま市・健康福祉センター/うるみんホールにて

うるみん1 うるみん2

Comments are closed.